2009年05月21日

atelier-bisque doll_鉄骨建方


20090521_uid-osaka1.JPG


 建 築: 前田圭介/ UID 一級建築士事務所
 構 造: 小西泰孝建築構造設計

住宅の鉄骨建方検査のため大阪へ。空間のボリュームが見えてきて、これからが楽しみです。(KY)
posted by KSE at 23:50

2009年04月08日

祝・日本建築学会賞受賞


20080408_KAIT1.JPG


神奈川工科大学KAIT工房

 建 築: 石上純也建築設計事務所
 構 造: 小西泰孝建築構造設計

本日、今年の日本建築学会賞の発表があり、石上純也さんが神奈川工科大学KAIT工房で作品賞を受賞されました。

昨年、同じく神奈川工科大学KAIT工房で第3回日本構造デザイン賞を拝受いたしましたが、その時と同じくらい嬉しく思っています。やはり構造設計を担当する我々にとっては、最終的に“建築”として良いものにできることが何よりもの喜びです。

写真は現地審査当日のものです。

石上さん、本当におめでとうございます。(KY)

posted by KSE at 23:28

2008年11月17日

ホテルパシフィック東京


20081117_pacific1.jpg


 建 築: 坂倉建築研究所
 構 造: 東京建築研究所

品川駅前に屏風のごとくたたずむ「ホテルパシフィック東京」。今では高層ビルが多く立ち並ぶ品川界隈ですが、このホテルは1971年竣工で、日本の超高層ビル(100m超)としては、霞が関ビル、世界貿易センタービル、京王プラザホテルについで、4番目に完成した歴史ある建築です。

高層部は、中廊下を挟む2客室単位を連続的に並べた奥行きが浅い(15.2m)、横長(108m)の平面形状となっていて、構造は、長辺方向が外壁面に細かく(3.8mピッチで)H形鋼柱が配置された鉄骨ラーメン構造で、短辺方向は客室を仕切る間仕切りを鉄筋コンクリート壁とした耐震壁付鉄骨ラーメン構造となっています。とてもシンプルな構造システムです。

ロビーは、どことなく懐かしさが感じられる雰囲気。ラウンジは天井が高く気持ちの良い空間になっています。

20081117_pacific2.jpg

ロビー階にあるコーヒーハウス「ピコロモンド アット・ザ・ガーデン」でランチを頂きました。昔は、この場所に「浮殿」というコンチネンタルレストランがあり、その名の通り、日本庭園と大きな池を間近に見ながら食事を楽しめるレストランでした。昔から外国人ビジネス客が多く、スタン・ハンセンとアブドーラ・ザ・ブッチャー(←プロレスラー)が朝食を食べていておおいに興奮したり、エールフランスのパイロットやCA(キャビン・アテンダント)を良く見かけて格好いいなと思ったり(一時期、メリディアン系列だった)、幼い頃の自分が世界との繋がりを初めて意識した場所でもありました。

そんな昔懐かしのレストランも、今は「浮殿」の頃に比べると、雰囲気もメニューもだいぶカジュアルになりました。ランチ・ビュッフェは、和・洋・中いろいろでバライエティに富むラインナップです。デザートもフレッシュフルーツが豊富。

20081117_pacific3.jpg

20081117_pacific4.jpg

外資系ホテルが多く進出して、都内のホテルは軒並み苦戦を強いられていますが、負けず頑張って欲しいものです。(KY)
posted by KSE at 23:55

2008年09月05日

上尾の住宅_鉄骨建方


20080905_ageo1.jpg

 建 築: 永峰綜合計画事務所
 構 造: 小西泰孝建築構造設計

埼玉に建設中の鉄骨造2階建の事務所兼住宅です。構造は、非常にオーソドックスに解いた角型鋼管(150x150)による純ラーメン構造なのですが、広々として伸びのある周辺環境のせいか、思った以上にいいスケール感で立ち上がっています。鉄骨建方は最もワクワクする瞬間です。(KY)
posted by KSE at 23:00

2008年07月27日

とらや工房@御殿場

プレス発表やCMは一切行なっておらず、口コミだけで知られる虎屋の新店舗「とらや工房」です。確かに虎屋のホームページにも全く案内がありません。でも、建築に携わっている方はどこかで目にしているのではないでしょうか、、、最近、建築雑誌でもちらほら見かけます。場所は御殿場で、有名なアウトレットのすぐ近くにあるのですが、その賑わいがうそのようなとても閑静な緑豊かなところにあります。

20080727_toraya1.jpg

20080727_toraya2.jpg

建 築: 内藤廣建築設計事務所
構 造: 空間工学研究所

和菓子と日本茶の美味しさを確実に引き立てている気持ちの良い建築空間。庭に沿ってカーブを描きながら、喫茶室、テラス席、厨房が並びます。構造は空間工学研究所の岡村仁さん。シザーズ状の木造トラスがリズミカルに連続します。適正なプロポーションとシンプルなディテール。さすが岡村さん。

20080727_toraya3.jpg

さて、ここで頂けるのは、この工房で作られた出来立ての生菓子の数々。カウンターで好きなものを選ぶと、緑茶と一緒にテーブルまで届けてくれます。

20080727_toraya4.jpg

20080727_toraya5.jpg

最初は、赤飯大福。小豆でお餅を染めているので、淡いピンク色の仕上がりです。その次は、くず餅です。お茶は冷たいものと熱いものを選べ、何杯でもおかわりできます。冷たいお茶は、濃い目に入れた熱いお茶を氷の入った器に直接注いでくれますので、とても風味豊かです。最近ではペットボトル入りのお茶に慣れてしまっていますが、入れたての冷たい緑茶は渋みが効いて一味違う美味しさです。

20080727_toraya6.jpg

メインは和菓子ですが、簡単な食事も頂くことができます。“軽食”と呼ばれるご飯とお吸い物のセットです。枝豆とひじきが入ったシンプルなおこわですが、とても自然な味わいで美味。

すぐ近くにある虎屋御殿場店も内藤廣さんによる設計。こちらも必見です。(KY)
posted by KSE at 23:55