2009年08月15日

海天すし@金沢

観光客にも大人気の金沢の回転寿司。回転寿司というと、値段はリーゾナブルだけど味はいまいち、、、という場合が多いですが、金沢の回転寿司は違います。金沢・能登を中心に富山の氷見・新湊あたりからも新鮮な地物ネタが入って、どこもなかなか美味しいです。市内に何店舗かある「海天すし」は、化学調味料を使わないシャリ、無添加寿司醤油、毎日お店で仕込む昆布締めなど、脇役や仕込みにもこだわったお店です。

20090815_kaiten1.JPG

マグロと光物の三種盛りです(たまたま撮った写真が、あまり金沢っぽくないネタでしたが、、、)。

20090815_kaiten2.JPG

20090815_kaiten3.JPG

1皿2貫が標準で、値段は100円〜700円位まであります。高いネタをたくさん食べると普通のお寿司屋さんで食べるのと変わらない値段になるので、その点は要注意。(KY)
posted by KSE at 00:00

2009年08月12日

お多福のカツカレー@金沢

金沢には「お多福」という食事処がいたるところにあります。うどん、そば、丼、定食などを低料金で楽しめる大衆食堂です。金沢庶民の味と言っていいでしょう。

実家の近所にあって小さい頃から食べているお多福は“南端店”。南端というのは地名ではなく、金沢の南(みなみ)の端(はし)にあるということを意味しています。昭和初期に開通した通称“南端国道”(現在の国道157号線)がすぐ近くに通っていることもあって、そのような店名になっているものと思われます。今でこそ金沢市は南方向に大きく広がっていますが、その昔はこのあたりが南端でした。位置的には、兼六園や金沢21世紀美術館があるところから、南に車で5分ほどの場所です。

そこで昔から私が食べているのがこのカツカレーです。

20090812_otafuku1.JPG

うどんの出汁をベースにした和のカレーです。具は原型をとどめているのが、玉ねぎと豚肉だけのシンプルなもの。それに揚げたてのカツがのります。金沢のうどんの出汁は、どちらかと言うと関西風に近いですが、大阪などで食べるものとは少し異なり、甘めの出汁になります。これがカレーのベースとして実に良くマッチするんです。

お奨めの金沢B級グルメです。(KY)

注)お多福は、お店によって、メニュー、料金、味、愛想が異なります。その辺りは大らかに構えてお楽しみ下さい。
posted by KSE at 00:00

2009年08月10日

朝食@グランドハイアット東京

早朝ミーティングのため、グランドハイアット東京の「フレンチ キッチン ブラッセリー アンド バー」へ。

オープンキッチンの店内。

20090810_hyatt1.JPG

サラダからスタート。

20090810_hyatt2.JPG

ホットミールはソーセージやキノコのソテーをピックアップ。一番上はシェフがその場でカッティングしてくれるローストポーク。これが美味。

20090810_hyatt3.JPG

欲張ってオムレツも作ってもらいました。トマトとハム入りで。

20090810_hyatt4.JPG

パンは種類が豊富です。一個のサイズが小さめなので、いろいろな種類を楽しめます。

20090810_hyatt5.JPG

デザートはフレッシュフルーツに数種のヨーグルトをかけて頂きました。

20090810_hyatt6.JPG

ハイアットの朝食はどこもハズレがありません。断然いい1日になりそうな予感。(KY)
posted by KSE at 00:00

2009年08月09日

カツカレー@ホテルニューオータニ

ホテルニューオータニ内のコーヒーショップ「SATSUKI」の“東京下町洋食屋厨房”というオリジナルメニューからのセレクトです。

20090809_satsuki1.JPG

20090809_satsuki2.JPG

キャベツの千切り添えの昔懐かしい盛り付けですが、素材と仕込みは確か。本格的な“ホテル系カレー”です。(KY)
posted by KSE at 00:00

2009年08月05日

アフタヌーンティー@ザリッツカールトン東京

季節ごとに訪れたいザリッツカールトン東京のアフタヌーンティー。ヘブンリーティー(←リッツではこれが標準的なアフタヌーンティーのセット)を楽しみました。

20090805_ritz1.JPG

20090805_ritz2.JPG

20090805_ritz3.JPG

20090805_ritz4.JPG

たまには息抜きが必要です。(KY)
posted by KSE at 00:00