2009年06月14日

まい泉@表参道

土曜ということで散歩がてらスタッフ全員で表参道の「まい泉」へランチに。ここ青山本店は銭湯を改築した建物で、昔は浴室だったと思われる天井が高い広々としたスペースで食事できます(他に和室もあるので席の希望があれば受付でリクエストを)。

ここのお奨めは土日限定の「ホリデースペシャル」。日によって内容は異なり、トンカツをベースにその日のお奨めがセットになっています。同じ日の中でもロースがヒレになったり、微妙にメニューが変わる場合もあります。週末は多くのお客さんがこのメニューを頼んでいます。

20090614_maisen1.JPG

この日はロースカツ、豚しゃぶ、お刺身、焼魚、小鉢、などなど。これだけ付いて1420円ですので、かなりお徳感有りのメニューです。(KY)
posted by KSE at 22:35

2009年06月13日

朝食@ホテルグランヴィア京都

今週も京都工芸繊維大学の講師のため京都へ。遅くなったので駅前(駅中)のホテルグランヴィア京都に宿泊。翌朝の朝食は、イタリアンブレックファーストというのが珍しかったので、15Fにある「リストランテ ラ・リサータ」で頂きました。

基本は通常の洋食と同じですが、サラダに生ハムが入ったりして、何となくイタリアンなラインナップになっています。

20090613_kyoto-eki1.JPG

20090613_kyoto-eki2.JPG

20090613_kyoto-eki3.JPG

ホテル内の通路からアトリウム上部を眺めてみました。

建 築: 原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
構 造: 木村俊彦構造設計事務所


20090613_kyoto-eki4.JPG

20090613_kyoto-eki5.JPG


2009年春に全室リニューアルしたそうです。もうそんな時期なのですね。暑い中、鉄骨工事の見学に行ったのが懐かしいです。(KY)
posted by KSE at 22:50

2009年06月01日

釜揚げしらす

今年も“釜揚げしらす”をお取り寄せで楽しみました。和歌山にある「しらす創り7代目“山利”」から紀州灘で水揚げされたものを翌日に送ってもらいました。立派過ぎる豪華木箱に入って届きます。

20090601_shirasu1.JPG

シンプルにしらす丼で頂きます。しらすはサイドディッシュではなく、あくまでもメイン。

20090601_shirasu2.JPG

20090601_shirasu3.JPG


モチモチした食感は、冷凍ものとはひと味もふた味も違う美味しさです。(KY)
posted by KSE at 23:30

2009年05月29日

京極かねよ@京都

京都工芸繊維大学での非常勤講師のため京都へ。今回は乾久美子さんも一緒。授業終了後、錦市場界隈を散策しつつ、新京極にある「かねよ」へ。

20090529_kaneyo1.JPG

若者の街と化した新京極通りから少し入ったところに何とも風情のあるたたずまいのお店があります。大正時代から続く鰻料理の専門店で、看板には“日本一の鰻”という文字も。

頼んだのはここの名物メニュー“きんし丼”。鰻丼の上に細く切られた錦糸玉子がのっているのかと思いきや、器からはみ出すほどの特大卵焼きが、、、。

20090529_kaneyo2.JPG

うしろは思わず腕組みしてしまう乾さん。蓋をあけるとこんな感じ。

20090529_kaneyo3.JPG

卵焼きの下には鰻が隠れています。焼きたての風味豊かな卵焼きとご飯にサンドイッチされた鰻は、いい具合に蒸されてふっくらしています。ここがポイント。

20090529_kaneyo4.JPG

卵焼きには、砂糖を入れた甘露だしを使った関東風の厚焼き卵と、甘さのないだし汁で作る関西風のだし巻き卵がありますが、ここの卵焼きは後者でいわゆる“京風だし巻き”です。

甘さはなくしっかりとだしのきいた卵焼きですので、ボリュームのわりにはすんなりお腹におさまります。満足感のある一品でした。(KY)
posted by KSE at 23:50

2009年05月23日

樋口@神宮前


20090523_higuchi1.JPG

和食の「樋口」は、事務所から一番近いミシュラン星付きレストラン。新鮮な季節の魚介を使った体に優しい料理の数々を楽しめます。この日の魚介は、雲丹、鱧、鮎、太刀魚、甘鯛など。鱧は湯引きしたものと、最後の土鍋ご飯の2回登場。今年初の鱧を満喫。帰りに土鍋ご飯をおにぎりにしてお土産に持たせてくれます。季節ごとに訪れたいお店です。(KY)
posted by KSE at 23:20