2008年11月02日

お米

建築家の食へのこだわりに驚かされることがしばしばありますが、とりわけ食材・調味料へのこだわりには興味深々。

先日、お世話になっている建築家に頂いた食材はお米。米どころと言えば、信越・東北が思い浮かびますが、このお米は三重県伊賀市産。重粘土土壌で、朝夕の寒暖差が激しいという米づくりに適した土地柄です。

20081102_kome1.jpg

お米の粘り指標のひとつである“アミロース”の含有量は約17%。一般にアミロース含有量が小さいほど粘りが高くなり、うるち米は17〜23%程度になります(ちなみに、もち米は含有量0%)。ですので、通常食べるお米の中では、粘りが強いお米ということになります。

20081102_kome2.jpg

炊いてみると、このようにモチモチふっくらの仕上がり。甘みも十分。気に入りました。毎日食べるお米は美味しいもの選びたいものです。(KY)
posted by KSE at 23:10

2008年10月26日

クワ・アイナ@丸ビル

ファーストフードの域を超えた、素材がしっかりとしたボリューム満点のハンバーガーを食べることができる「クワ・アイナ」。たまに食べたくたるのですが、都内近郊に10店舗ほどあるだけなので、そうそう食べる機会はありません(本店はハワイにあります)。今日は東京駅に用事があったので、丸ビル店に寄ってみました。

スタンダードなハンバーガーをオーダー。パティは1/3パウンド(約150g)で。

20081020_kua-aina1.jpg

最初は上のように開いた状態で出てきで、そこにお好みでケチャップやマスタードを入れてサンドします。店内にはハインツの特大ケチャップボトルが用意されていて、いかにもアメリカン。

20081020_kua-aina2.jpg

パティはニュージーランド産のプレミアムビーフ100%。それを溶岩石でできた特注グリルでじっくりと焼き上げています。とてもジューシーながら、余分な脂はしっかりと落とされているので、口当たりはスッキリ。一番人気のアボガドバーガーは、これに肉厚のフレッシュなアボガドが挟み込まれ、パティと抜群の相性で美味しさを倍増させてくれます。(KY)
posted by KSE at 22:19

2008年10月16日

タルトモンジュ

3年前まで事務所が白金高輪にあったのですが、その近くに人気のパン屋さん「メゾン・カイザー」の本店がありました。大元の本店はパリにあるのですが、そこのクロワッサンはフィガロ誌のランキングでNo.1に輝いた実績を持つ人気店です。高輪にいた頃は、いつも焼きたてのクロワッサンやバゲットを食べることができてとても幸せでした。

原宿に引越してからは、なかなかメゾン・カイザーのパンやケーキを食べる機会なかったのですが、高輪に事務所がある建築家が、気を利かせてくれてケーキを買って打合せに来てくれました。それも私の大好きな“タルトモンジュ”を、、、。

20081016_maisonkayser1.jpg

フレッシュなベリーがたっぷり入った彩りも豊かなタルトです。積層されたクリープや生地と絶妙にマッチ。懐かしい味を満喫、、、ご馳走様でした。(KY)
posted by KSE at 23:19

2008年10月13日

朝食@帝国ホテル

最近では、ビュッフェ、ブフェ、バフェなどと呼ぶことが多くなった、いわゆるセルフサービス式の食べ放題ですが、少し前までは“バイキング”と呼ばれていました。その名付け親は、帝国ホテルであり、今から40年前に始まったものです。

帝国ホテル本館17階の“インペリアルバイキング サール”は、その歴史が今でも受け継がれ、ブレックファースト、ランチ、ディナーを“バイキング”で楽しめます。

ブレックファーストは、洋食中心のメニュー。窓からは皇居の緑が綺麗に見渡せます。

20081013_teikoku1.jpg

フレッシュオレンジジュースとコーヒーでスタート。サラダはサウザンアイランドのドレッシングで。

20081013_teikoku2.jpg

卵料理はオープンキッチンで好きなものを焼いてくれます。マッシュルームとチーズ入りでオムレツを焼いてもらいました。付け合せは、欲張ってソーセージ、ベーコン、ハムを一通り。

20081013_teikoku3.jpg

パンは1個が小さめになっているので、色々な種類を楽しめます。トーストはちょっと焼きすぎた、、、。

20081013_teikoku4.jpg

デザートはフレッシュフルーツ盛で。

20081013_teikoku5.jpg

さすが元祖“バイキング”だけあって、料理のバランスも良く、サービスも抜かりありません。機会があったらランチやディナーもご紹介したいと思います。こちらも超一級の“バイキング”です。(KY)
posted by KSE at 22:43

2008年10月12日

特別食堂@三越本店

学生時代、学内にいくつかある学食の中に特別食堂(通称“特食”)というものがありました。普通の学食との違いは、少しメニューが豪華なのと、セルフサービス式ではなく着席してオーダーするスタイル(要するに普通のレストラン風)で、たまに先生に連れて行ってもらったりして、リッチな気分になっていました。

同じ“特食”でも日本橋三越の7階にある特別食堂「日本橋」は、ひと味もふた味も違う貫禄ある“特食”です。デパートの食堂らしく、和食から洋食までバライエティに富んだメニューが揃いますが、和食はホテルオークラの「山里」、洋食もホテルオークラ、寿司は「ほり川」など、実に豪華な料理を楽しめます。でも、あくまでも食堂、、、雰囲気やインテリアは実にシンプルでクラシカル。

和の御膳は、栗ご飯や土瓶蒸しなど、秋を感じさせる季節感あるメニュー。

20081012_tokusyoku1.jpg

うな重は、私の祖父がここに来たらいつも食べていたメニュー。ふっくらとした軟らかなうなぎです。

20081012_tokusyoku2.jpg

もう何十年も通っているという感じのお客さんが多く、皆さんゆっくりと食事を楽しんでいらっしゃいます。(KY)
posted by KSE at 22:45