2008年07月11日

さぬきや@高円寺

夕方、高円寺で打合せがあり、終了後、建築家と一緒に讃岐うどん「さぬきや」へ。打合せの後の食事は、打合せでは話せなかったことの続きや、お互いの近況報告ができたり、とても有意義な時間です。

さて、このお店「さぬきや」は、何年か前に新装して今の場所にあるのですが、元々は東京で40年以上続く、都内では草分け的な老舗の讃岐うどんのお店です。

うどんはオーダーが入ってから茹で始めるので少し時間がかかるため、先ずはおつまみで一杯やりながら待つのがこのお店の楽しみ方です。お酒に詳しいご主人が、おつまみに合ったお酒を選んでくれるので安心です。この日は秋田産ホワイトアスパラの天ぷらをオーダー。

20080711sanukiya1.jpg

ほどなくして注文したカレーうどんが出来上がりました。落とし玉子の他にとろみのあるスープにも玉子が溶かし込んであるようで、とてもクリーミーは味わい。かなり完成度の高いカレーうどんです。

20080711sanukiya2.jpg

お店は現在施工中の伊東豊雄氏設計「杉並芸術会館」のすぐ近くにあります。「さぬきや」という大きな看板が目印。残念ながら、夜だけの営業ですが、建築見学がてらのお食事にお奨めです。(KY)
posted by KSE at 23:48

2008年07月09日

アップルマンゴー

アップルマンゴーが美味しい季節になりました。今年も沖縄産の完熟マンゴーを入手し、事務所全員で楽しみました。

20080709_kanjukui1.jpg

カットはお馴染みのグリッド切り。抜群の甘さでした(KY)。
posted by KSE at 23:10

2008年07月06日

アフタヌーンティー@二期倶楽部

那須にある二期倶楽部でのアフターヌーンティーです。東館にある“ガーデンレストラン”で楽しめるのですが、ここでのお奨めは何と言っても42,000坪の広大な敷地に広がる豊かな緑を見渡せるテラス席。都心のホテルでのアフタヌーンティーとは一味違った優雅な時間を過ごすことができます。

20080706_niki1.jpg

20080706_niki4.jpg

2003年に完成した東館は、テレンス・コンラン氏が基本設計を担当。天気が悪くてもレストランからはガラス越しに緑を見渡せます。

20080706_niki2.jpg

宿泊棟は、パビリオンと呼ばれ、広場を中心に12棟24室が配置された分棟形式になっています。隣室との距離感も遠すぎず近すぎず、絶妙です(木が茂っていて建物が良く見えませんが、、、)。

20080706_niki3.jpg

二期倶楽部の現在の総料理長は、パークハイアット東京など数々のホテルの総料理長を勤めた宮崎康典氏。敷地内にある“キッチンガーデン”で育てられた無農薬の有機野菜や地元那須の季節の食材をふんだんに使った料理の数々を楽しめます。アフタヌーンティーだけではなく、宿泊してブレックファーストとディナーの両方を頂くのがお奨め。一押しのオーベルジュです。(KY)
posted by KSE at 23:20

2008年07月05日

尾赤ムロアジ

八丈島料理「HATTORI 2(はっとりセカンド)」にランチへ。今日の日替り定食のおかずは、牛肉ニラ玉子とじ&尾赤ムロアジのお刺身。

20080705_muroaji1.jpg

尾赤ムロアジは、大物釣りの釣りエサだったり、何となく外道という印象があったのですが、思いの他、美味しくてびっくり。青魚はやはり新鮮さが勝負です。(KY)
posted by KSE at 23:11

2008年07月02日

新福菜館@京都駅前

駅からすぐ近くということもあって、京都に行くといつも立ち寄るラーメン屋さんです。麺が染まるほど真っ黒な醤油ベースのスープですが、口当たりは見かけよりもかなりあっさりしています。

20080702_shinpuku1.jpg

ラーメンのスープで作っていると思われるヤキメシ(チャーハンとは言わない)もとても美味しいです。

20080702_shinpuku2.jpg

ラーメンとヤキメシをダブルで食べるのは大学生の時に卒業したのですが、ここに来たらやっぱりこれでしょう。(KY)
posted by KSE at 23:33