2008年06月30日

金沢カレー

“金沢カレー”そんな言葉を時々耳にするようになりました。どのようなカレーをそう呼ぶかと言うと、、、

 ・ルーは濃厚でドロッとしています。
 ・ルーの上にカツを載せ、その上にはソースがかかっています。
 ・付合せとしてキャベツの千切りが載っています。
 ・ステンレスのお皿に盛られています。
 ・フォークで食べるのが金沢カレーの食し方。
  (引用:「ゴーゴーカレー」チラシ)

これって小さい頃から食べているカレーそのものです。金沢ではこのようなカレーを出すお店がいくつもあって、中学や高校の頃、学校の帰りによく食べていました。今でも金沢に帰ると時々食べに行きます。

そんな“金沢カレー”を東京でも食べられると聞いて早速行ってみました。事務所から一番近い「ゴーゴーカレー新宿総本店」へ。前述の特徴が網羅されると、こういうカレーになります。

20080630_gogocurry.jpg

トッピングをいろいろ選べますが、基本はロースカツカレー。“金沢カレー”にはソースがかかったロースカツが必須です。

東京でも食べられるのは嬉しい限りです。(KY)
posted by KSE at 22:56

2008年06月28日

新じゃが

1年中出回っていて、あまり季節感がない“じゃがいも”ですが、旬は春と秋の2回。この季節の新じゃがは、小粒で水水しく、皮も軟らかいので、丸ごと調理すると美味しく食べられます。皮の部分は栄養分も豊富です。

ランチの定食でも季節を感じられるメニューがあると嬉しくなります。今日はまたしても近所の八丈島料理「HATTORI 2(はっとりセカンド)」へ。日替定食は「ネギトロ丼+新じゃがとひき肉の煮物」。

20080628_shinjyaga.jpg

いつもながらボリュームたっぷり。新じゃがはホクホクさではなく、しっとりさを楽しみたいもの。肉汁との相性も良く、とてもご飯が進むメニューでした。(KY)
posted by KSE at 23:12

2008年06月25日

新亜飯店@北参道

これまで交通の便があまり良くなかったのですが、副都心線が開通して、一気にアクセスが良くなりました。北参道駅のすぐ近く、中華料理「新亜飯店」です。

ここのお奨めは何と言っても小龍包。モクモクと湯気が上がった出来立てが蒸し器に入って出てきます。たっぷり入ったジューシーな肉汁をこぼさないように食べるのがポイント。刻みショウガを乗せて、酢醤油で頂きます。店内の照明が暗めのため、写真がうまく撮れませんでした、、、(ゴメンなさい)。

20080625_shinahanten1.jpg

その他、隠れ名物に、フカヒレ入り手羽先揚げがあります。メニューには載っていませんが、頼むと作ってくれます(し、薦めてもくれます)。

20080625_shinahanten2.jpg

ちなみにお店のデザインは、鈴木エドワード氏によるもの。かなり照明を落とした店内で、中華料理店というより、バー的な雰囲気。玄関に生い茂る竹林が目印です。(KY)
posted by KSE at 23:11

2008年06月17日

SHIZEN@千駄ヶ谷

千駄ヶ谷のSAZABY本社のすぐそばにある「SHIZEN」は、1階が手作りのガラス細工、お椀、お皿、グラスなどが並べられたギャラリー、2階がカフェ&バーになったとてもお洒落なスペースです。2階で食べることができるランチは、お店の名前の通り、とても“SHIZEN”で体に優しいメニューになっています。

20080614_shizen1.jpg

今日頼んだのは、焼き魚三種盛定食。お魚は、鯖、ほっけ、それにメダイの味噌漬です。10品のサラダを始め、野菜中心の小鉢もいくつかついて、とてもバランスの良いメニューとなります。ご飯も3種類(白米、玄米、五穀米)用意されていて、その日の気分で好きなもの選ぶことができます。

おすすめのランチスポットです。(KY)

posted by KSE at 23:06

2008年05月31日

朝食@パークハイアット東京

私にとってホテルの朝食というのは特別な時間です。ビジネスでの宿泊の時は、その日1日の仕事をシミュレーションしながら、しっかりと頂きます。慌しくなりがちな朝の時間に落ち着きを与えてくれます。プライベートでの利用の時は、とにかくゆったりとした時間の流れを楽しみたいもの。特にルームサービスを頼めば、朝の身支度の必要はなく、起きたら目の前に朝食が、、、、この上ない幸せです。

パークハイアット東京では、アメリカンスタイルの朝食「ニューヨークグリルブレックファースト」をルームサービスで頂くことができます。窓のそばにダイニングテーブルがセットされ、高層階から朝の東京の街を眺めながらの朝食。すぐ下には緑豊かな明治神宮の森が見えます。

20080531_parkhyatt1.jpg

真っ白な大きなお皿に載ったプレーンオムレツは、ホテルの朝食のトレードマークとも言える一品。

20080531_parkhyatt2.jpg

ゆっくりめの朝の後、ランチはまだ早いな、、、という時は、少し時間をずらしてピークラウンジでアフタヌーンティーを楽しむのがお奨めです。

20080531_parkhyatt3.jpg

ここのアフタヌーンティーのいいところは、3段トレー以外に小皿やミニグラスに入ったフィンガーフードを好きなだけ楽しめるところ。ワインに良く合いそうなものも沢山あり、そのままディナーに突入してしまえそう、、、、(アフタヌーンティーは17:00まで楽しめます)。(KY)
posted by KSE at 23:34