2008年05月18日

アフタヌーンティー@ザ・リッツ・カールトン東京

午後のひと時をとても優雅に過ごしたい時に、是非お奨めしたいのが、ホテルのアフタヌーンティー。ザ・リッツ・カールトン東京のザ・ロビーラウンジ&バーでは、クラシカルデュオによる生演奏と共に、上質のアフタヌーンティーを楽しむことができます。

「ヘブンリー・ティータイム」というセットをオーダー。品数がとても多く見ているだけでも楽しくなります。スコーンに付け合せのレモンカードがとても美味。

20080519_rits-tokyo1.jpg

コーヒーや紅茶は数十種類のメニューから好きなものを好きなだけ頂くことができます。紅茶は可愛らしいウォーマーに載せられてたっぷりサーブされます。

45Fからの抜群の展望と天井の高い開放的な空間も気持ちに安らぎを与えてくれます。(KY)
posted by KSE at 23:22

2008年05月17日

釜揚げシラス

これまでシラスというと、サイドメニューでしか頂いたことがなかったのですが、文句無しのメインディッシュになってしまえるシラスに出会うことができました。

20080517_shirasu1.jpg

このシラスの水水しさ。写真でもお分かり頂けるのではないでしょうか。駿河湾で水揚げ後、すぐに茹で上げたものを宅配便で翌日に届けてもらいました。通常は、茹でたものを一旦冷凍し、それを解凍して売られている場合がほとんどです。本当の釜揚げシラスは、驚くほど水水しく、身がふっくらしています。アツアツご飯の上にたっぷり3cm厚くらいでシラスをトッピング。何杯でも食べてしまえる美味しさです。(KY)
posted by KSE at 23:10

2008年05月16日

旬菜食建ひな野@藤沢市

現場監理のため、朝から小田急線鵠沼海岸駅へ。サーフィンを肩に引っ掛けて短パン・サンダル姿で電車に乗り込む人、サーフィンを自転車に積んで湘南の海を目指す人、、、などなど。とても長閑でホッとします。

現場での検査の後、昼食は旬菜食建「ひな野」へ。このお店は全国チェーンのビュッフェレストランですが、有機栽培、無添加食材にこだわった自然食の数々を楽しむことができます。

20080516_hinano1.jpg

今日は全て野菜系でまとめてみました。ご飯はグリーンピースご飯。右端は手作り豆腐です。メニューは前菜からデザートまで約70種あって、ドリンクの種類も豊富です。最近、いろいろなところに自然食ビュッフェのレストランができて、とても有難いです。(KY)
posted by KSE at 23:20

2008年05月15日

米粉ロール

ここ最近、食材の価格高騰が話題になっていますが、我々の食生活に欠かせない小麦の価格も例外ではありません。ここ1年で国際価格が約2倍になっており、パンや麺類など身近な食品の値上げにつながっています。

それを受けて政府は、代替原料として米粉の増産支援に乗り出すことになったそうです。これによって過剰供給の米の有効活用とパンなどの原材料の確保を両立させるのが狙い。米粉というのは、文字通り、お米の粉で国内ではお団子やお煎餅用として良く使われています。

そんなことがあってか、近頃、米粉を使った洋菓子を良く目にするようになりました。以前(2008-4-19)ご紹介した茨城県つくば市にあるフランス菓子工房「コートダジュール」にも米粉で作ったロールケーキがありました。

20080515_beifun1.jpg

米粉を使った生地は独特のもっちり感・しっとり感が特徴。お団子に慣れている我々日本人には実にスムーズに受け入れられる食感です。北海道産の生クリームと中心に入ったコートダジュールオリジナルのカスタードクリームとの相性も抜群です。(KY)
posted by KSE at 22:56

2008年05月11日

スーパークロワッサン

ホテルニューオータニ東京の本館にある「パティスリーSATSUKI」で凄いクロワッサンを発見。その名も「スーパークロワッサン」。“スーパー”な名前もさることながら、お値段も“スーパー”。1個700円也。この一線を超えた価格設定に興味津々。奮発して1個だけ買ってみました。

左がスーパークロワッサン。右が普通のクロワッサン(168 円)です。大きさはどちらも普通サイズ。

20080511_croissant1.jpg

中はこんな感じです。見た目では特に違いは分かりません。ふっくらしているのは普通のクロワッサンの方。

20080511_croissant2.jpg

さて、早速、口にしてみると、、、、ここで初めて違いが分かります。スーパークロワッサンはとにかく味が濃厚。バターの風味がとても強く、とろけるような甘さがあります。表面のサクサク感と中の生地のしっとり感とのギャップが大きく、とても食感の良い仕上がりとなっています。お店の方に伺ったところ、小麦粉、バター、など素材が全て厳選されているとのこと。

納得の“スーパー”ですが、このお値段だとそう頻繁には食べられそうにありません。普通のクロワッサンでも十分美味しいので、普段はこちらになりそう。最近、このホテルのエグゼクティブラウンジでは、朝食にピエール・エルメのクロワッサン(多分、国内ではここだけ)が出されるそうです。これも1度食べて見たいクロワッサンですが、今のところ楽しめるのは宿泊客のみのようです。(KY)
posted by KSE at 22:20