2007年12月25日

シュトレン

西荻窪にある無添加パン「リスドォル・ミツ」のクリスマス・シュトレンです。混ぜ合わせる具の量ですが、一般のシュトレンの場合は、粉100に対して50ほどですが、ここのシュトレンは200近く入ります。すなわち粉の2倍の量の豊富なナッツやドライフルーツが入っていることになります。手に取るとパンとは思えないほど、ずっしりとした重量感があります。

20071225_Stollen1.JPG

シュトレンは、クリスマス前から少しずつ食べ始めて、最後の一切れをクリスマス・イブに食べるのが慣わしだそうです。保存がきくパンで、作ったすぐよりもしばらく常温で保存した方が熟成して美味しさが増します。

20071225_Stollen2.JPG

最後の一切れまで美味しく頂きました。(KY)
posted by KSE at 23:51

2007年12月24日

マチュドニア

イタリア料理のデザートの定番ですが、案外レストランで食べる機会は少ないのではないでしょうか。

ちょうどフレッシュフルーツが数種類揃ったので、久しぶりに作ってみました。今日のフルーツは、りんご、バナナ、イチゴ、キウイなど。

20071224_macedonia.JPG

シロップの作り方ですが、水にグラニュー糖(今回は喜界島粗糖を使用)とレモン汁を入れて弱火にかけ、煮詰まってきたら火から下ろして白ワインを入れます。子供が食べる場合は、白ワインを入れた後にさらに煮詰めてアルコールを飛ばすと良いでしょう。

十分に熱が取れたら、細かく刻んだフレッシュフルーツにかけて、1時間ほど置いて出来上がります。彩りも綺麗で生のフルーツよりも一層美味しく頂けます。(KY)
posted by KSE at 23:29

2007年12月23日

ちぢみほうれん草

ちぢみほうれん草は、冬の冷気にさらす”寒じめ栽培”と呼ばれる方法で作られたほうれん草で、昼夜の温度差が大きい冬の寒い時期にのみ手に入る食材です。葉が濃い緑色の厚肉で、表面には縮んだようにシワが入っています。

20071223_chijimi1.JPG

無農薬栽培された新鮮なものが手に入ったので、早速、お浸しにして頂きました。素材自身の美味しさを楽しむには、シンプルな調理方法が一番です。普通のほうれん草に比べると糖度が高く、しっかりとした歯ごたえが特徴です。

20071223_chijimi2.JPG

冬の数ヶ月間だけ出回る食材ですので、今のうちに是非お試し下さい。普段食べる“ほうれん草のお浸し”とはちょっと違います。(KY)
posted by KSE at 22:01

2007年12月18日

アジアンランチ@神宮前

アジアンランチは、我が事務所が最もお世話になっているランチスポットのひとつです。1週間のうち2〜3回利用しているのではないでしょうか。美味しいアジア系料理のお弁当を販売するお店です。

20071218_asian2.JPG

軽ワゴン自動車でお昼時の2時間程度販売されます。都内で20店ほどあるようですが、ここ原宿界隈には4店ほど出ており、いつも行列になっています。

毎回頼むのは「アジア3色ぶっかけごはん」。日替わりの6品のおかずの中から3品選び、ご飯の上に”ぶっかけ”てもらいます。

ちなみに今日のメニューは、

 1 若鶏と食物繊維豊富な竹の子のココナツレッドカレー(強辛)
 
 2 タイ式 手作り酢豚(弱辛)

 3 沖縄 卵と絡めたお麩と豚肉の炒めフーチャンプルー(辛無)

 4 ブータン 旬の冬大根と乾燥唐辛子のバタートマト煮(弱辛)

 5 タイ 国産イカをハーブとライム汁で合えたサラダ ノンオイル(中辛)

 6 豚角カレー(中辛) ←定番メニュー

20071218_asian1.JPG

左から1、3、4の順に3品選びました。このようにご飯が見えなくなるくらい、たっぷりとおかずを盛ってくれます。お味の方ですが、オーナーが研究に研究を重ねたメニューを、アジア出身のコックさんが毎朝作っていますので、どれも本格的です。野菜を沢山使ったメニューが多く、保存料等の添加物を使用していないもの嬉しい限りです。メニューは300種類以上あるそうで、全く同じメニューで出合うことはほとんどありません。

雨の日にはおかずをもう1品トッピングしてくれたり、13:00以降は割引サービスもあります。(KY)
posted by KSE at 23:48

2007年12月16日

マーブルラウンジ@ヒルトン東京

ヒルトン東京の知人に案内をもらって、9月にリニューアルした「マーブルラウンジ」のビュッフェに行ってきました。ここのビュッフェは以前から大変評判が良いですが、知人の話によると今回のリニューアルでは、食材は産地を吟味して選りすぐりのものを取り寄せるなど、より素材にこだわったラインナップになっているとのことです。

20071216_hilton6.JPG

我々が訪れたのは、日曜・祭日限定のブランチビュッフェ。席に着くと、最初に飲物はコーヒーか紅茶か聞かれます。いかにもブレックファーストらしいスタート。ブランチビュッフェのいいところは、ブレックファーストメニューとランチメニューの両方楽しめる点です。

1皿目はブレックファーストメニューでまとめてみました。エッグベネディクトが特に気に入りました。

20071216_hilton1.JPG

次は前菜系です。野菜は生・ボイルともに沢山の種類が用意されており、たっぷり食べることができます。新鮮なお刺身もあり、小さなグラスに綺麗に盛り付けられています。

20071216_hilton2.JPG

メインディッシュのカットサービスは、ターキーとローストビーフでした。後者を選択。シンプルにフレーバーソルト(ローズマリー)で頂きました。

20071216_hilton3.JPG

デザートもたくさん用意されています。その中からチョコムース、プリン、メロン、旬の柿などをピックアップ。デザートを食べる段階になってから、このように再び前菜をちょっとだけつまむというお行儀の悪いことができてしまうのもビュッフェの楽しいところ。

20071216_hilton4.JPG

極めつけは"コールドストーン"スタイルのアイスクリーム。好きなアイスにナッツやフルーツなどを入れて、氷点下に冷やされた大理石の上で混ぜ合わせてくれます。組合せがたくさん有り、大いに迷いましたが、バニラとチョコのアイスに生イチゴとアーモンドを入れてもらいました。

20071216_hilton5.JPG

どの料理も非常にレベルが高く満足度100%。また訪れてみたいビュッフェです。(KY)

posted by KSE at 22:23