2007年06月10日

パレスチナ・オリーブ

家での食事は、できる限り、無農薬、減農薬、化学肥料未使用、無添加等の食材を使用するように心掛けていますが、入手が難しかったら、高価だったりするので、全てをそうするのはなかなか困難です。そんな中、毎日使う調味料には、質の良い安全なものを選びたいものです。

20070610_olive.jpg

パレスチナ・オリーブは、我家で愛用しているエキストラ・バージンオイルです。イスラエルのガリラヤ湖で生産される無農薬栽培のオリーブを使用し、低温圧搾でじっくり抽出されたもので、とても風味が良くマイルドな味わいです。どのような料理にも良く合いますが、焼きたてのバゲットに付けて頂くと一番美味しさが分かります。

こういった調味料は、1回に使う量は少しですので、少々高価なもの買っても、1回のコストは数円程度です。他の食材のコストに比べれば、微々たるもの。お金をかける価値が十分あるところです。(KY)
posted by KSE at 18:23

2007年05月20日

クレヨンハウス「広場」@北青山

落合恵子さんが主催する「クレヨンハウス」は、子どもの視点・女性の視点・オーガニックな視点(←社是から引用)からセレクトされた様々なものを扱っている複合ショップです。その中にあるオーガニック・レストラン「広場」のビュッフェ・ランチは、有機野菜をふんだんに使った日替わりのメニューをたっぷりと頂くことができます。

20070520_クレヨンハウスランチ.jpg

今日は頂きませんでしたが、オープンキッチンで作られる手作りケーキもとても美味しくお奨めです。(KY)
posted by KSE at 16:22

2007年04月22日

アフタヌーンティー

アフタヌーンティーは、そもそもは19世紀後半にイギリスで始まった習慣ですが、日本では、ホテルで3段重のトレーに入ったサンドイッチやスコーンと共にお茶を頂くものとして、定着しているように思います。

この日は、新宿パークタワーで開催中の建築家・大成優子さんの個展に立ち寄り、帰りにそのまま41階まで上がり、パークハイアット東京「ピークラウンジ」でアフタヌーンティーを頂きました。ここのラウンジは、大きなアトリウムになっているためとても開放的な空間で、しかも展望が抜群。とても好きなラウンジの1つです。

20070422_パークハイアットAT.jpg

アフタヌーンティーセットは、おなじみのトレーに乗って登場。この日は特に「日向夏のスコーン」が気に入りました(2段目です)。ここのアフタヌーンティーはこれだけではなく、フィンガーフードとミニデザートのサービスがあり、好きなだけ食べることができます。飲物もお代わり自由です。とても気持ちの良い時間を過ごすことができました。(KY)
posted by KSE at 23:17

2007年04月12日

梅ザーサイおろしぽん酢

本日のランチは事務所のすぐ近くの「金魚鉢」という定食屋さんです。このお店は先日、アド街ック天国でも紹介された原宿で人気の定食屋さんです。店内には金魚鉢という店名通り金魚の入った大きな水槽型のテーブルがあります。

20070412_kingyobachi.JPG

私が注文したのは「冷し豚定食」。たれは「梅ザーサイおろしぽん酢」です。とてもボリュームがあるのですが、案外すぐに食べ終わり後味も良いです。

おそらくこのメニューの美味しさの秘密は、食材の組み合わせにあると思います。湯通しされ余計な脂分の落とされた豚肉、酸味のある梅、豚肉に味のしみ込んだぽん酢、触感の心地よいザーサイ、まろやかな舌触りの大根おろし、色どりを添えるキュウリ、これらの食材が混ざり合い、さっぱりとした絶妙な味わいを導き出しています。

これからの夏、食欲のなくなった時には、このようなさっぱりしたメニューはいかがでしょうか?(KT)
posted by KSE at 23:43

2007年04月07日

kurkku < << kitchen@神宮前

事務所から歩いて5分位のところに、有機野菜や無農野菜を使ったオーガニック・レストランが数件あるのですが、その中の1つ「kurkku kitchen」でランチを頂きました。kurkku は、キッチン・カフェ・ デザイン・グリーン・ライブラリーの5部門で構成されており、それぞれ環境がテーマとなっています。お茶しても良し、ちょっとショップを覗いても良し、、、とても気持ちの良い空間となっています。

今日頂いたのはkurkkuコース。野菜1品/お肉1品/デザート1品をそれぞれ日替わりの5〜8種類のメニューの中から選ぶことができます。ちなみにこのお店にはグランドメニューというものは存在しません。その日仕入れた食材を一番美味しく頂くことができる料理が、その日のメニューになるためです。

1皿目のkurkkuサラダ。この日はグリルした新鮮なモツと野菜のコンビネーションサラダです。食材が生きるようにドレッシングは極めてシンプルで、モツと野菜の味をしっかりとかみ締めることが出来ます。

20070407_kurkku1.jpg

2皿目のお肉は地鶏のグリルを選びました。このお店のキッチンにはオーブンはなく、グリルするものは全て炭火焼で調理します。こちらも必要以上の味付けはなく、食材の味が生きています。

20070407_kurkku2.jpg

この後、デザート、コーヒーと続きます。それから、付け合せのパンも絶品。こちらも炭火焼です。(KY)
posted by KSE at 23:35