2010年10月20日

ホームページリニューアル

事務所のホームページをリニューアルしました。4月に引越した後、写真を全て取り直しましたので、久々の大幅リニューアルとなります。写真は、事務所前の骨董通り、事務所内、表参道(ヒルズ前)の3カットです。我々の事務所の雰囲気を分かって頂けるのではないかと思います。

広くなった新事務所で、よりアクティブに、よりアグレッシブに活動しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。(KY)

PS
昨年の9月頃から一部アップしていなかった記事も更新しましたので、合わせて見て頂ければ幸いです。
posted by KSE at 00:00

2010年07月04日

ドーバー・パストリーゼ77

昨年から愛用しているアルコール消毒液“ドーバー・パストリーゼ77”です。昨年の5月頃は、新型インフルエンザ騒動で、関西方面に行く時はマスクと消毒液必携という状況でしたので(今振り返ると、過剰反応だったように思いますが)、その際に知人(両親が薬剤師)の奨めで購入したものです。

20100704_dover1.JPG

類似の製品は、多く販売されていて、どれも成分のほとんどがアルコールですので、品質にそれほど差はないように感じますが、いろいろ使ってみると、手のなじみ、使った後の手触り、匂いなどにはかなり差があり、結局“ドーバー・パストリーゼ77”を使い続けています。昨年、長男が新型インフルエンザにかかったのですが、これを使って消毒を徹底していたところ、家族誰にも移ることはありませんでした。また、この製品はノロウイルスにも効果があるそうです。

“ドーバー・パストリーゼ77”を販売しているのは、ドーバー酒造株式会社という酒造会社です。食品添加物扱いですので、安心していろいろなシーンで使えます。(KY)
posted by KSE at 00:00

2010年04月16日

事務所移転

人数が増えもう少しスペースが欲しくなったため、本日、事務所を神宮前から南青山に移転しました。南青山は佐々木事務所に勤めていた頃からの馴染み深い場所であり、私の設計活動の原点とも言える場所です。そこに約10年ぶりに帰って来ました。

当日はあいにくの雨模様でしたが、無事引越完了。

20100416_iten.JPG

最寄り駅は地下鉄の表参道駅になります。駅からは10分弱歩くのですが、季節ごとに変わる街並みを感じつつ、散歩気分でお越し頂けると幸いです。スパイラルから骨董通りを通って古美術を見ながら歩くも良し、プラダ→フロムファースト→コロッツェオーネ→根津美術館経由で散策するも良し、、、その日の気分によってお楽しみ頂けます。また、六本木ヒルズや広尾からも歩くことも可能です。

できるだけ徒歩距離を少なくしたい時は、渋谷からバスがお奨めです。新橋行・六本木ヒルズ行・ミッドタウン行の各バスで2つ目のバス停“南青山7丁目”で下車すると、すぐ前が事務所です。このバスは日中で1時間15本、ラッシュ時で25本程度出ていますので、山手線感覚で時刻表を見ずに乗ることができます。

ホームページ用の写真を撮り直していますので、それが完了次第、地図も一緒にアップする予定です。そこで事務所内の様子も見て頂けることと思います。

初心に帰って益々アクティブで設計活動に取り組んで行きたいと思っておりますので、今後ともどうぞよろしくお願い致します。(KY)

posted by KSE at 00:00

2010年01月01日

謹賀新年

あけましておめでとうございます。

昨年は多くの新しい建築家やデザイナーとの刺激的な出会いがありました。今年はそういった方々との新しいコラボレーションの結果も少しずつ発表できるかと思います。またこれまでお付き合いさせて頂いている建築家とはより発展的な新作を発表していきます。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

で、今年もさまざまな“建ものと食もの”ご紹介していきたいと思いますが、年始はやはり祝いの“食もの”ですね。

20100101_shinnen1.JPG

PS
昨年後半から更新が滞っていましたが、話題は20以上用意してありますので、前に戻って少しずつ更新していきます。本年分と合わせてご覧頂ければ幸いです。


posted by KSE at 00:00

2009年10月19日

AED

東京救急協会が開催する「上級救命講習」に参加しました。麹町消防署で8時間かけてみっちり講習が行なわれます。

20091019_aed1.JPG

蘇生方法や止血方法、のどに異物が詰まった際の対応方法など、すぐに役立つ救命処置方法を実技も行ないながら教えてもらえます。最近、いろいろなところに設置されているAED(自動体外式除細動器)の使い方も時間をかけて講習が行なわれます。AEDはスイッチを入れると、音声で使い方のアナウンスが流れるので、それに従えば誰でも使える医療機器ということになっていますが、とは言え実際に1度使ったことがあるかないかでは、一刻を争う緊急時には対応に大きな差がでます。使い方は非常に簡単ですので、是非1度手に触れてみることをお奨めします。

基本的な救命方法を心得ておくことは、社会人の義務のひとつと言って良いと思います。8時間の講習は資料代実費の2000円程度で受けることができます。是非受講することをお奨めします。(KY)
posted by KSE at 00:00